ペット火葬が初めての方でも大丈夫!基本情報を分かりやすく紹介していきます

近年はコロナ禍によるおうち時間が増えているので、それに伴ってペットを飼った人も多いでしょう。
そうすると必然的に悲しいですが、ペットの死に直面しなければならない場面というのも増加しています。
そこで最近はこの大切なペットを、しっかりと天国へ送り出すために、葬儀屋さんにお願いするペット火葬をする方が増えています。
初めての方であっても、安心して簡単に出来るので、全く心配することは無いという事を分かりやすく紹介して行きます。

ペット火葬が初めての方でも大丈夫!基本情報を分かりやすく紹介していきます

自分が大切にしていたペットの命が絶えてしまったら、最後にありがとうの気持ちを伝えるためにも、葬儀屋さんにお願いして、ペット火葬する方が増えています。
しかしペット火葬をしようと考えていても、初めての場合はどうすれば良いのかわからずに困っている方も多いのが現状です。
人間の葬儀と同様に、葬儀屋さんが責任をもってエスコートしてくれるので、全く心配することはありません。
こちら側の要望をしっかりと伝えることが最も大切です。

ペット火葬中の空いた時間のおすすめの過ごし方

どこで何をしていたらいいのか迷うのはペット火葬中の空いた時間、ですが待つ場所はありますし、おすすめの過ごし方もあるので安心です。
場所に関してはいくつかのパターンがあり、それに沿ったところで待ちます。
室内に固定炉の設置がされているなら、室内に腰かけることとのできる椅子が用意されていることもあるので、そこで待っても構いません。
ただ屋内ではなく外に固定炉の設置ということもあるので、火葬待合室を利用すれば問題はないです。
火葬待合室はペット火葬でも待ち時間によく利用される場所であり、家族でペットの思い出話に花を咲かせることもできます。
微笑ましい思い出話は、待つ家族の心も明るくしますのでおすすめです。
業者ごとにルールが異なりますので、事前に確認をする必要がありますが、待っているときに飲食ができることもあります。
事前に確認をしてOKであれば、ジュースやコーヒーなど好みの飲み物や、ちょっとしたおやつがあると、よりくつろぐことができるはずです。

ペット火葬の犬種ごとの料金相場は?

ペットが亡くなった際に最後の供養として、人と同じように斎場を利用してペット火葬を行うという家庭も増えてきています。
ペットであっても家族の一員であり、しっかり供養を希望する飼い主が増えてきているのも理由の1つです。
実際にペット火葬を依頼する際に人気のペットに犬は多いですが、火葬利用による料金相場を把握しておくこともポイントになります。
火葬にかかる費用の違いですが、犬種毎に設定されているというよりは個体の重さによって料金が決められている事が多いです。
ペットの重さによって火葬する時間が異なり、それにより火葬場の利用時間に違いがあるのが料金の違いの理由となります。
また火葬する際に合同火葬や個別火葬では料金は異なるので、依頼する斎場に確認しておく事が重要です。
相場としては大きな個体になれば料金は高くなり、合同火葬より個別火葬になることで料金は割高になる事が多くあります。
これらのポイントを把握した上で、火葬の利用を決める事も大切です。

猫のペット火葬を利用する際の注意点

犬や猫などをペットとして飼育している家庭は増えており、中でも猫は人気がある種類なので多くの家庭で愛されているペットとなります。
いつまでの一緒に生活するのは難しく、いつかは亡くなってしまうのでその際はペット火葬で最後のお別れをするという場合も多いです。
ただしペット火葬を利用する際は、注意点もあるのでその点も考慮する必要があります。
実際に火葬を利用する際は、ペットの個体の大きさによって火葬する時間や費用に違いが出てきます。
特にちいさい個体のペットの場合、個別火葬を希望しない限りは合同で火葬される事も多いです。
個体が小さいからこそ火葬の時間調整が難しく、場合によっては骨が残らないといったトラブルも想定されます。
また合同で火葬するからこそ、遺骨の取り違いといったトラブルもあります。
利用できるペット火葬は多くありますが、より信頼できる業者を選ぶ事が大切です。
供養するために利用したにもかかわらず、思わぬトラブルに繋がらないための注意が重要といえます。

ペット火葬の当日の流れを把握しておこう

大切なペットが亡くなってしまったら、まずは感謝の気持ちを込めてペットの体を綺麗にしてあげましょう。
ブラッシングや歯磨き、軽く濡らしたタオルで全身を拭いてあげます。
腐敗が進まないように保冷剤などを使って体を冷やし、体の下にタオルケットなどを敷いて、できるだけ涼しい場所で安置します。
ペットを綺麗にしてあげて心が少し落ち着いたら、ペット火葬をお願いする業者に連絡し、火葬日時や火葬方法などを決めます。
火葬当日は、業者によって様々ですが、ご自宅まで引き取りにくる場合と、ご自身で火葬場まで連れていく場合があります。
合同火葬の場合は、火葬後にペット霊園の墓地などへ納骨供養され埋葬されます。
個別一任火葬では、個別に火葬するため、お骨を返却してもらえます。
立会個別火葬は、火葬が終わるまで待ち、最後にお骨あげをします。
以上がペット火葬の当日のおおまかな流れとなります。
当日に慌てることのないように流れを把握しておきましょう。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬について調べよう

近年はコロナ禍によるおうち時間が増えているので、それに伴ってペットを飼った人も多いでしょう。そうすると必然的に悲しいですが、ペットの死に直面しなければならない場面というのも増加しています。そこで最近はこの大切なペットを、しっかりと天国へ送り出すために、葬儀屋さんにお願いするペット火葬をする方が増えています。初めての方であっても、安心して簡単に出来るので、全く心配することは無いという事を分かりやすく紹介して行きます。

Search